【全俺が感動!】波乱万丈ユメオトライフ!

皆さん、「風俗業界で働く」って、どんなイメージでしょうか?

わたし自身が数年間、身を置いてみての率直な感想・・・めっちゃ楽しい!!

この一言に尽きます(笑)

ついつい、いろんな先入観を持ってしまわれがちな業界かと思います。かく言うわたしもそんな人間のひとりでした。

そこで、ユメオトグループとの馴れ初め(?)をお話しできればと思います。

目次

思い切って応募

思い返せば数年前、フリーランスで仕事をしていたわたしは、仕事の時間が読みやすく、終わった後や空き時間が時間がもったいないな・・・と感じていました。

日雇いのような仕事をいろいろ見ていたのですが、説明会やら登録やら、事前に時間を取られることが多く、めんどくさいと思ってました。

特に、仕事が終わったあとの夜の時間を持てあましていたのもあり、特に深く考えずに、興味本位で求人を調べてみました。

もちろん、いろんな風俗業界の会社が求人を出しており、正直数社応募してみました。

そして、一番素早く、面接日時の候補日など簡潔かつ丁寧な回答があったのが「夢見る乙女グループ」でした。

面接日まで、数日間あったので、事前にサイトなどを見ていたのですが、しっかりしたサイトだなと思いつつも、この時点では、まだ不安を抱えていました。

面接当日

ついに面接日を迎えたのですが、

高校生の頃に、場所は伏せますが、騙されてピンサロのボーイをやらされそうになり、
その道っぽい方々を振り払って飛び出て来た経験もあり(笑)、恐怖心みたいなものはありませんでしたが、
どんな人が出てくるのか、どんな事務所なのか、いろいろ思いを馳せていました。

いざ到着してみると、「夢見る乙女」という名称からはおおよそかけ離れた、濃い顔のイケメンN氏が座ってました!

どこが乙女やねん!いやいや、夢見るのは良いとして、どこが乙女やねん!

と内心思いながら、面接がスタートしました。

今ではとてもお世話になり、冗談を言い合うような仲良しなN氏ですが、グループ内の幹部であり、とても落ち着いた雰囲気で、頭のキレる人物だなという第一印象でした。

面接自体は、いわゆる普通の内容でしたので、特に問題無く終了し、晴れて研修に進むことが決まりました。パチパチパチ!!

研修スタート

わたしは五反田エリアでの勤務希望でしたので、そのエリアの店舗を運営している事務所に、いざ!

今ではすっかり慣れてしまいましたが、やはり初日はドキドキしながらの出勤でした。

初日は、先輩ドライバーの助手席に同乗し、業務についてしっかりと見聞きする時間が設けられていました。

もちろん時給はちゃんとつきます。よくある、研修時は〇〇という、聞いてないよ~的なのはありません。

まず、全てにおいてキチンとしてます。これは、本当に大事なことだと思うのですが、退勤時間や走行距離など、

本当にしっかり管理されており、サービス残業みたいなことがないのも、安心して仕事が続けられる大きな要因のひとつです。

研修期間中は、様々な先輩ドライバーたちが仕事を教えてくれ、皆ていねいで優しい方ばかりでした。

そのへんのよくわからん会社よりもしっかりしており、そのへんの接客業よりも格段にキチッとしているな、という印象でした。

お客様のために・・・働いている女性のために・・・という考えが徹底されており、店舗運営スタッフやドライバーにまで、しっかり共有されています。

未経験の自分も、安心して仕事を覚えていくことができました。

寄り添ってくれる存在

ここが一番続けてこれた理由になるのです!

それは・・・面白い人が多い!!ということです。

本業は様々、年齢も様々、いろいろな人たちがいるのですが、本当に面白い人しかおらず、ものすごいメリハリの中、笑いの絶えない事務所内となっています。

常に相手に寄り添った捉え方をしてくれるので、頭ごなしにああしろ、こうしろと言われることはなく、何故こうしたほうがいいのか、何故そうするのかを踏まえて話をしてくれるので、非常に勉強になります。

先程登場したN氏も本当に良くしてくれて、今のわたしがあるのも、五反田エリアの代表とN氏のおかげで、本当に感謝感謝です(いつもイジッて笑ってますが)。

時間を有効に活用したい、本業以外でも収入が欲しい、などきっかけは様々で良いと思います。

ただ、限りある時間をどう使うかは、大事なことだと思います。
後悔しないためにも、迷ってる方は一度ユメオトグループで一緒に働きましょう。

お金だけではない、充実の日々を過ごせると思います。

乙女とは程遠い、優しいおじさんたちが、懇切丁寧に研修しますので(笑)

※ 執筆者:ヒゲ の、Blogリニューアル以前の記事一覧はこちら

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

正真正銘の髭、ヒゲ、ひげ・・・外国人に「日本語上手デスネ」と言われた経歴の持ち主。事務所内に、チーム男性ホルモンを結成しようと秘かに企んでいる・・・

目次
閉じる