「横浜DeNAベイスターズ好き」の五反田スタッフが2023年の野球を振り返る

こんにちは、五反田店舗運営スタッフの塚田です。

以前ブログでも書かさせて頂きましたが、個人的に横浜DeNAベイスターズが好きで2023年は絶対に優勝をすると信じていました。

過去10年の戦力と今年の戦力を比べたとき、個人的に今年は圧倒的に強いと思っていたのですが結果は3位。。。。なぜなんだ! どうして!?  という考えが頭の中でグルグルと回りました。

目次

2023年は残念な結果に……

今年のベイスターズは投手陣が豊富で今永、バウワー、大貫、東、平良、石田、浜口、中継ぎにはウエンデルケン、伊勢、抑えには山崎と盤石な投手陣。

打撃陣に関しては、牧、佐野、オースティン、ソトなど破壊力抜群のメンバーがおりました。がっ!!! 開幕すると怪我人が続出。なんとか8月まではギリギリ首位宣戦に躍り出たものの、力不足なのかそこからおもしろいように失速(笑)

心が折れそうというか、ここまで負けるか……という所までいきました。結果は3位でフィニッシュ。残念極まりないです。

優勝するために必要な「あとひと押し」

負けた原因は怪我や選手の不調などがありますが、戦術次第で勝てる試合があったのも事実。特に三浦監督の采配なのでしょうか。。。その他にも色々ありましたがこれが結果なので仕方ないこと。

ではどうすれば優勝ができるのでしょうか。知ってる人もいるかと思いますが、横浜DeNAは1998年以降優勝していないチームなんです。

6チームありますが25年優勝してないさみしさ。。。これを打破するためには誰が監督をしても勝てるチーム作りが必須です。バリバリのメジャーでも連れてくれば勝てる可能性がありますが、ファンはこういう勝ち方は望んでないでしょう。

できればベイスターズに入団してしっかり育てた選手で優勝したいのがファンの希望かと思います。

観客動員は年々増えてるチームではあります。チームも強くなっています。しかし優勝となるとあと一押しが必要なんです。

それを実現するためには何かを変えなければ。YouTubeなどでは多くのファンがありがたい事にベイスターズの事を語ってくれますが、具体的な事が出てきません。今はオフシーズン。補強したり、現在の戦力を鍛えたりしてるかと思います。

がんばれ横浜DeNAベイスターズ。優勝したら泣くかも。それだけファンなので。

 

同じ筆者の関連記事を読む

■【横浜DeNAベイスターズのチーム改革】25年の時を経て再び栄冠をつかむのは今だ

■【白熱したWBC決勝「アメリカ戦」!!】超熱すぎる展開に涙が出るぐらい感動した②

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

仕事以外は常に野球の事を考えてる中年おやじです。

目次
閉じる